治療院くち得ナビは、整体・整骨院・接骨院・治療院検索を応援するコミュニティサイトです。

整体・整骨院・接骨院・治療院の口コミ検索

日本全国の治療院を紹介。クチコミ・掲示板など各種相談・体験談を紹介し情報交換ができます。

Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!みんなのトピックスに投稿はてなブックマークに追加GoogleBuzzurlにブックマークlivedoorクリップに追加お気に入りに登録する
 
くち得ナビに治療院の情報を無料掲載する!
ヘルプ | お問い合わせ | このサイトについて | 相談・質問掲示板 | トップ |
2017/03/24 13:00更新! 現在のアクセス数: 123,988,879

リフレクソロジー

リフレクソロジー (Reflexology) とは、反射療法とも呼ばれ、主に足の裏(手の平等を含む場合もある)の特定部位を押せば体の特定部位に変化が起こる現象を活用し、疲労の改善などをはかる療法である。

名称の由来は、REFLEX(反射)とOLOGY(学や論の意味を表す名詞を作る接尾語)を合わせた造語であるとの説が有力。利用者側からは日常の会話では、短縮形で「リフレ」あるいは「足裏マッサージ」(下記参照注意)と呼ばれることもある。

リフレクソロジーを行う人はリフレクソロジスト (Reflexologist) と呼ばれる。
[歴史]
リフレクソロジーは、アメリカが発祥である。アメリカ人医師であるウィリアム・フィッツジェラルド (William H. Fitzgerald) 博士(1872年 - 1942年)が手術中の患者がベッドの梁などに手足を押し付ける行為を観察し、これを医学的に研究したところ、痛みを和らげる効果があることがわかり、「ゾーン・セラピー」という本を発表した。アメリカの理学療法士、ユーニス・イングハム (Eunice D. Ingham) 女史(1899年 - 1974年)は、フィッツジェラルド博士のゾーン・セラピーを発展させ、足の特定の部位(内臓反射区)が身体の各部位に対応していることを突き止め、「フットチャート」(足の地図)を作った。フットチャートは「足裏反射区図」と呼ばれることもあり、面としてとらえているところに特徴がある。
〔注〕フットチャートは、「足裏ツボ図」と表現されることもあるが、リフレクソロジーで刺激する反射区は、指圧点であるつぼ(経絡経穴)とはまったく関連性が無く「足裏ツボ図」という表現は正しくない(リフレクソロジーが"面"でとらえるのに比べ"つぼ"はバラバラの"点"でとらえていることをはじめとして、様々な相違点がある)。いわゆるマッサージ・あん摩・指圧とリフレクソロジーは似てはいるが、マッサージはフランス生まれであり、あん摩と指圧は中国の経絡経穴思想などの影響をうけて日本で誕生した手技であり、リフレクソロジーとは、起源や歴史、理論もまったく異なるものである。

[イギリスにおけるリフレクソロジー]
イギリスにおいてリフレクソロジーは看護婦のルネ・ターナーらの活動により、数年にわたる大量の実データの収集と実証的・科学的・医学的な検証を経て、さらに議会の承認も得て、通常の保険医療にも組み込まれている。ホスピスにおける緩和ケアなど、患者中心のケア、患者のクオリティ・オブ・ライフに貢献している。

ルネ・ターナーらの手法は、足裏などの皮膚の直下の組織の固さの微妙な違い(固い部分を彼らは「クリスタル」と呼んでいる)を施術者が親指で細やかに感じ取り、その時々の患者の健康の鍵となっている特定の部位を細やかに探りあてて、特定の部位に選択的に手技を施してゆくところに特徴がある。またカルテに類するものを作成し、長期的な視点で、施術内容と患者の症状の変化を記録・分析することも行っている。

[イギリスにおけるリフレクソロジー]
日本では「英国式」と「台湾式」と呼ばれるものが有名である。いずれも元はアメリカが発祥である。「中国式」と呼ばれるものもあるが、その中で観趾法(かんしほう)と呼ばれる手技はリフレクソロジーとは起源も歴史も異なるものである。(詳しくは足裏健康法あるいは柴田観趾法の項を参照のこと)

○普及の経緯
英国式リフレクソロジー専門の店舗については、元JALキャビンアテンダント藤田桂子がイギリスでの経験をもとに「英国式」と銘打ち、駅内、駅直近を中心に店舗を展開したのをきっかけに、多忙なOLやサラリーマン層を中心に利用者が広がった。それに追随する形で類似の店舗が広く普及した。現在ではこのタイプの店舗は駅周辺だけでなく百貨店内やスーパーマーケット等まで広く分布し主婦層にも利用者は広がっている。利用者からは、短時間で気軽に利用できる点、清潔で上品な店舗と施術者の洗練された応対、施術中に本人が実感できる即効性、明朗な料金システムなどの理由で評価されているようである。

リフレクソロジー専門の店舗以外では、整体のサービスを行っていたものが、あらたにリフレクソロジーの手技を習得した者を採用したり、既存の従業員にリフレクソロジーの学校で手技を習得させるなどしてメニューに追加している例も多い。

近年ではルネ・ターナーの手技を習得した者の中には、日本のホスピスでボランティア形式で施術することで、末期癌患者のクオリティ・オブ・ライフに貢献している者もおり、患者からは評価する声が多い。

○施術者の養成機関と手技のタイプ
整体師が教えるリフレクソロジー学校では、「西洋系」と「台湾系」として、若干異なるタイプの手技を並行的に教えているところがある。また、厳格にイギリスのルネ・ターナーの手法のみを教えている学校もある。リフレクソロジーは人体のもつ共通の、科学的にも検証された性質を活用しているものなので、(イギリス、西洋、台湾)いずれの系統の手技においてもフットチャート(足裏反射区の地図)自体は、ほぼ一致している。触れる強さ、手技の手順、記録をする/しない、などの点が異なっているだけである。

台湾式と呼ばれるものは、別名「若石健康法」ともいう。英国式にくらべ刺激が強いとされている。英国式の方は、積極的に英国式であることを宣伝しているが、台湾式と呼ばれているグループが、台湾式と自称しているわけではない。実際は、一方が英国式で有名であるため、もう一方を区別するために人々が便宜的に台湾式と呼んでいるだけである。

○痩身効果
2006年10月、リフレクソロジーによって従来の「反射区」で説明されてきた効果とは別に、痩身効果があるとテレビ番組(発掘!あるある大事典)で報道された。足裏の足底筋を揉みほぐすことによって足の血流がよくなり新陳代謝を高める効果があり、結果的に「やせる」ことができるとされている。

ただし、捏造が問題になった番組での報道であり、しかも被験者はわずか5人であった。サンプル数が少なすぎ、統計学上は「効果がある」とは認められない点に十分留意する必要がある。
スポンサードリンク

この用語は、フリー百科事典ウィキペディアの記事となっております。
この記事をはじめとする全ての記事のライセンスはGNU FDLを基に利用が許可されています

データ取得日:2008年9月5日
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
GFDL上要求される著作権表示は『(c)著作権者、創作年』という構成になっています。 Wikipediaの各記事は単独の著作物、複数の創作者の共同著作物又は二次的著作物と考えられます。 当社としては、各記事につきこれらを調査、確認することは不可能です。 そこで、各『Wikipediaキーワードの履歴』の履歴欄に従って、それぞれの創作年、著作権者を領解して下さい。 つまり、各記事につき、履歴欄の寄稿者及びその年をもって著作権表示とみなす扱いに致します。